緊急事態宣言により売上が減少した中小企業への一時支給金(創設)

緊急事態宣言により売上が減少した中小企業への一時支給金(創設)

2021/02/05

▢概 要
 この度の緊急事態宣言に伴い、飲食店の時短営業や不要不急の外出の自粛により、売上が減少した中堅・中小企業
 に対して一時金が支給されます。
 
▢対象先
 緊急事態宣言発令地域における、
 ➀飲食店と直接、間接の取引がある業者
  例)飲食料品、おしぼり、割りばしなどの飲食業への提供業者
 ➁不要不急の外出・移動の自粛により直接影響受けた業者
  例)旅館、土産物屋、観光施設、タクシー業など
 
▢要 件
 今年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年比(又は対前々年比)50%以上減少していること
 
▢支給額
 法人は60万円以内、個人事業者は30万円以内
 
 支給額の算出方法は、次の通りです。
          前年(又は前々年)の1~3月の事業収入― {前年(又は前々年)同月比▲50%以上の月の事業収入×3}
 
 その他の特例措置もあります。
 詳しくは、経済産業省ホームページ「緊急事態宣言の再発令に伴う経産省の支援措置について」をご覧ください。
 
  ※↓こちらをクリック!
    https://www.meti.go.jp/covid-19/kinkyu_shien/