長時間労働だけがうつの原因となるわけではありません

長時間労働だけがうつの原因となるわけではありません

2019/09/11

平成23年12月に「心理的負荷による精神障害の認定基準」が定められて、

職場で毎月80時間を超える残業の結果、

うつ病をはじめとする精神障害を発症した場合は自動的に労災と認定されることとなりました。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120215-01.pdf

(精神障害の労災認定・厚生労働省)

 

このことから、会社では、長時間労働はリスクだという認識が深くなりました。

(まだまだすべての会社で浸透しているとは言えませんが…)

 

今日現在、まだ恒常的に長時間労働が蔓延している企業は、

すぐにでも対策をとらないと企業としてリスクが高いです。

 

一方、労務管理上のリスクとして長時間労働がよく取り上げられるのですが、

実際に長時間労働だけが、うつ病をはじめとする精神障害の誘因ではありません。

 

心身に悪影響を与えやすいストレスの多い業務は、心理的な過重労働になります。

例えば、次のような職種の方々です。

・不規則な勤務・・・医療スタッフ、警察官等

・出張の多い業務・・・営業職、客先出張でのIT技術者

・人間関係のストレスが多い業務・・・クレーム処理係、電話相談係

 

そのように考えると、IT業界の中でも、主に客先での仕事を実施しているSEの方は、

長時間労働+心理的な過重労働があり、とてもリスクが高いことがわかります。

SEさんは、客先で最前線で働いています。

お客様から直接要望などを言われ、調整役になることも多くあります。

その意味では、人間関係のストレスが多い業務とも言えます。

 

また、地理的に自身の会社とも離れていることが多く、孤独とも戦っているといえるでしょう。

 

このような業務を多く扱っている企業には外部相談窓口の設置をお勧めしています。

外部相談窓口といっても、いろんな事業者がいろんなサービスを提供しています。

何を選んだらいいのかわからない、という場合にはまず無料のサービスを試してみてはいかがでしょうか。

 

厚生労働省が運営している「こころの耳」というサイトがあります。

http://kokoro.mhlw.go.jp/

(厚生労働省・こころの耳HP)

 

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトで、利用するのに費用はかかりません。

メールや電話で社員が直接相談することができます。

 

会社がきちんと自分たちのことを考えてくれている、

いざというときには相談窓口があると考えられると、

そのことがセーフティネットとなり、社員が安心して働くことができます。

 

客先常駐のSEさんを多く抱える企業はもちろん、

それ以外にも従業員の休職が多いとお悩みの企業は、

参考にしていただければと思います。

 

社員のメンタルの状態を確認するために「ストレスチェック」を実施することも有効です。

須田労務マネジメント事務所ではストレスチェックの実施のお手伝いもしておりますので

どうぞお気軽にご相談ください。

 

(N)

 

PAGE
TOP