新卒入社1年目の成長日記(11月の建物)

新卒入社1年目の成長日記(11月の建物)

2020/11/06

こんにちは、Sです。

 

11月も中旬に差し掛かり、だんだん寒くなってきました。

暖かな室内でぬくぬくと過ごすのもよいですね。

さて、11月は有名な建築物に関係している月なのだそうです。

 

帝国ホテルが開業したのが、1890年の11月のことでした。

 

母との共通の趣味でもあるレトロな建物めぐりをしていて、

愛知県にある明治村で旧帝国ホテルの玄関部分を見た記憶が鮮明に残っています。

フランク・ロイド・ライトという建築家が手掛けたというその建物は、

威風堂々とした佇まいでありながら、どこか温かい印象も受けたことを思い出します。

 

ホテルが、経済においてとても重要なものであるから、

お客様に満足していただけるものでなければならない、と主張した

帝国ホテル開業の発起人のひとりは、経済の父・渋沢栄一であったそうです。

 

人よりもはるかに長い年月を生き、

過去を生きた人物や出来事を想像したりすることもできる建物は、

ロマンチックでとても癒されます。

 

コロナがいつか収束に近づいたら、

また少しずついろんな建物を見に行ってみようと思います。

 

(S)