入社8年目社員のひとり言(言いたいことを上手に伝える)

入社8年目社員のひとり言(言いたいことを上手に伝える)

2022/08/23

皆さんは、自分の言いたいことをきちんと伝えられていますか?

相手にどう思われるか気になって、何も言えない。

言ってはみたものの、相手がわかってくれたかわからない。

指示された内容がわからないけれど、忙しそうで質問できない。

 

仕事に限らず、いずれも、よくある場面だと思います。

なんとなくそのままやり過ごしてしまう、という方もいるのではないでしょうか。

しかしそのままでは、事態は好転しません。

自分の意見を押し付けるのではなく、

相手の意見をすべて飲むのでもなく、

適切に自己主張ができたらお互いにハッピーですよね。

 

ポイントは3つです。

1.客観的な事実を具体的に伝える

2.相手の意見を聞く(必要であれば途中で確認をする)

3.伝わらないのは自分の責任と心得る

 

こんな風に言い換えてみましょう。

「早くやってほしい」 → 「何か困っていることはありますか?」

「ちゃんとわかってる?」 → 「このあと、どんな段取りで進めていく予定ですか?」

「指示の内容がわかりません」 → 「一緒に確認していただきたいのですが・・・」

 

相手の主張を否定したり、強い口調で無理に押し込めるのではなく、お互いの価値観を尊重しつつ、

自分の意見を的確に言葉にする。

こうしたコミュニケーションスキルのことを アサーション といいます。

円滑なコミュニケーションが求められる場面で活用されることが増えているようです。

正しいことを言っていても、伝わらなければ意味がありません。

お互いの意見をすり合わせて、居心地の良い職場環境を目指したいですね。

 

(N)