入社8年目社員のひとり言(メンタルヘルス対策のメリット)

入社8年目社員のひとり言(メンタルヘルス対策のメリット)

2022/01/25

ストレスチェックが義務化されてから、もう6年が経ちました。

(義務は常時50名以上の労働者のいる事業所)

 

実施義務のない会社さんでも、日々のご相談をお受けする中で、

メンタル不調者がいたり、気になる点がある場合には

ストレスチェックの実施をご提案することもあります。

 

メンタルヘルス対策は、今すぐやらなくても良いように思われがちです。

ですが、メンタルヘルス対策をしないことで起きることは何でしょう?

 

デメリットとしては、

・人材の流出

・休職者が出ることによる組織力の低下

・職場が暗い雰囲気になってしまう

などあります。

 

視点を変えて、メンタルヘルスを投資としてとらえた場合はどうでしょうか。

厚生労働省の研究によると、メンタルヘルス対策を実施することで得られる効果は、

投資した金額の1.4倍であるという研究結果が出ています。

カウンセリングなどの費用よりも、欠勤日数等の経済損失防止の方が効果が大きかったそうです。

 

費用をかけなくても、厚生労働省の「働く人のメンタルヘルスポータルサイト『こころの耳』」

https://kokoro.mhlw.go.jp/tel-soudan/

を社員向けに案内するなどアプローチの仕方は色々あります。

 

社会保険労務士法人ジンザイではストレスチェック実施のお手伝いもしております。

御社で働く人が100%の力を発揮するためにどんなやり方があるか、

どうぞご相談ください。

 

(N)