中途入社2年目の感想

中途入社2年目の感想

2022/03/22

こんにちは、中途入社2年目のTです。

 

3月も後半になり、桜の開花もそろそろかと思っていたら急に寒くなってきました。

季節の変わり目は気温の変化も激しいので皆様もご自愛ください。

 

前回に続き当事務所のRPAについて話していきます。

まずはおさらいで、RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、

ロボットがプログラムに従い自動でデータ入力やDLなどの作業を行ってくれるシステムのことです。

ロボットが自動で設定したことを行ってくれるので、単純作業を減らすことができます。

ただし機械なので融通が利かないので十全の準備が欠かせません。

 

とても便利ですが運用にはITリテラシー(ITを使う能力)が必要となります。

現在、コロナウイルスの世界的なまん延により、あらゆる仕事のIT化が一層進んできました。

当事務所が導入したRPAの様に使うか使わないかで効率がかなり違うツールも多くあります。

導入に携わって感じたこととして今後は働く人1人1人にもそういったツールを使える能力が求められているのだということです。

高度な開発はできなくても日常業務には使える程度でよいのですが、これがなかなか難しいです。

日常的に触って少しづつでも、何をやっているのかを理解していくことが必要です。

これって新入社員が初めて仕事を覚えるのに似ていますね。

 

もうじき年度が替わるので気持ちを改めて仕事をより覚えて言おうと思もいます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。