入社7年目社員のひとり言(うつにさせない指導の仕方)

入社7年目社員のひとり言(うつにさせない指導の仕方)

2021/02/26

仕事をしていると、上司としてまた先輩社員として

部下や後輩を指導する場面があります。

 

顧問先の会社様からも

指導の仕方に悩んでいる、といったお声をよく聞きます。

 

「ちょっと厳しく叱るとすぐに辞めちゃうんだよ」

「パワハラと言われたら困る、といって先輩社員が指導できていないようだ」

 

自分が教わったときの指導方法では

今の社員に伝わらないのではないか、

と悩む上司の方もいるようです。

 

結果、上司の方は部下に何も言えず、

ストレスだけがたまっていくという相談を受けることがあります。

 

どうすれば正しくメッセージを伝えることができるのでしょうか。

コツは【YouではなくIで伝える】ということです。

 

これはどういうことかというと、

Youで伝える

・「君は」機転が利かない

・「君は」ケアレスミスが多い

Iで伝えると、

・もう少し、「私は」機転を利かせてほしいなあ

・もっとケアレスミスを減らしてくれたら、「私は」とてもうれしいなあ

 

となります。

主語の「You」を「I」に変えるだけで、

言い方も伝わり方もソフトになります。

 

試してみてはいかがでしょうか。

 

(N)